俺乃アメショ

アメショキャッテリー            ORENO日記
Top
タグ:キャットクラブ ( 5 ) タグの人気記事
|
|
2007年 08月 05日 |
ASCJ(アメリカンショートヘアークラブジャパン)の公式サイトでは、メンバーの方々のところで産まれた仔猫の情報を掲載しています。
「どこかに居ない?私の好きなアメショ!!」なーんて探している方とメンバーの方を繋ぐお手伝いのために作られているページですので気になる方は時々覗いてみてくださいね。

それにしても、この毛むくじゃらの手で抱っこしてると、なんだか首絞められてるみたいじゃない。
f0043859_025441.jpg

と、言うことでこんなにしてみたり・・・
f0043859_0245044.jpg

こんなにしてみたり・・・
f0043859_0245775.jpg


背景色が変わるだけで非常に淡い色合いのグランドカラーが、微妙に違って見えますね。ブルータビーのように複雑な色合いは写真で出すのはかなり難しいんでしょうね、私の腕ではムリだ。
昔、本に出ている良い猫のヘッドタイプやカラーがみな違っていることで、食い入るようにみれば見るほど、迷いに迷ったのを思い出しますが、優秀なヘッドタイプや美しいカラーは、実際に見ないまま写真で判断するのって本当に難しいんですよね。

でも、ここにアクセスすれば、きっと素敵なアメショに出会えます。

思い思いの「それぞれの良い仔」にめぐり合われることを祈りつつ・・・
[PR]
2007年 07月 21日 |
・・・・・・・・・・・
・・・それ、使おうかなと思ってるんだけど

思いつつ、きれいな色のじゅず玉にじゃれついているChintaを見てると、一応写真とっておこうかな、なんて思って写しちゃいました。
f0043859_0425884.jpg


今夜は、CFAジャパンアワードのバンケットがありマウス。私たちのキャットクラブ(ASCJ)メンバーが受賞しています。
その中にDearsさんもいるのよ!

おじちゃんとおばちゃんはお祝いのために出かけてきます。
でも、、「えーっと、これ何回着たっけね?」とか1ヶ月位前からおじちゃんの前でブツブツ言っていたんだけど、彼は全になってました。
ドレスを新調するのはもったいなし・・・ということで、少ない手持ちのアクセサリの中から、やっぱり何回も使いまわしているネックレス(じゅず玉?)を持ち出したところでした。
[PR]
2006年 01月 23日 |
ASCJ(アメリカンショトヘアー・クラブ・ジャパン)は、CFA(The Cat Fanciers Association)に加盟しています、と前回書きましたが、その地区は全米を7つ、日本を1つのリジョンとして数え、現在8つに分割されています。その他ヨーロッパ、アジアはInternational divisionと云う括りとして扱われています。

日本は8番目に登録された地区として「第8リジョン」と呼ばれます。8番目のジャパンリジョン
f0043859_22224156.gif
のサイトには日本人にもCFAの仕組みが分かりやすいように丁寧な説明がありますので時間がある時に見に行ってくださいね。

簡単に言えば、1~8リジョンは正規会員、その他は賛助会員みたいなものでしょう。
正規会員には、キャットショー開催に伴う殆どの基準が米国と同様に適用されます。
例えば入賞するためのポイントの数え方などは、米国と日本は同じ200ポイントを獲得しなければグランドチャンピオンにはなれません。
インターナショナルディビジョンではその国々の活動の規模などで、参加者がショーを楽しみやすいようにハンディが与えられています。

日本には既に多くのブリーダーや愛好家に支えられ、CFAだけではなくTICAやその他ペディグリーキャットに関する協会が幾つもありますが、その中でもアメリカンショートヘアーは世界的にも引けを取らないレベルの高さがあります。
また、そのことにアメリカンショートヘアー・クラブ・ジャパンは大きく貢献しています。
[PR]
2006年 01月 19日 |
AMERICAN SHORTHAR CLUB JAPANとは何者?
★略してASCJ

f0043859_22251636.gif

★アメリカンショートヘアー(名前の通り原産国:アメリカ)という猫を飼い、又はブリードしている人たちが任意加盟している同好会です。

★猫のスタンダードを定義し、血統管理を取りまとめる団体が、世界中には幾つかありますが、ASCJはアメリカ合衆国に本部を置く世界最大の団体THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC(略してCFAという)に加盟をしている、日本で唯一のアメリカンショートヘアー愛好家のみの団体です。

★ですから、ASCJのアメリカンショートヘアーのスタンダードはCFAにより定義されたものであり、私達愛好家はそこに定義されたスタンダードについて語り、保護し、継承していくわけですから、こういう事を常に考えておくことはとても大事なことです。

「ちん太もhistoryを時々読み直して勉強しています。」
[PR]
2006年 01月 17日 |
ネボスケちん太につられて、今日はとうとう私まで朝寝坊をしてしまいました。ところでところでASCJASCJの皆さん!早速リンクしてくださってどうもありがとうございます。
blogの仕組みさえも、きちんと分かっていないまま始めてしまったので、これから少しずつ「お勉強」したいと思っています。
あまり勢いよく走り始めるて息が切れてしまいそうなので、なにより「三日坊主」にならないようにだけ考えて書いていきます。

。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  
明日からは(イヤ、次回から)やはりAmerican Shorthair Club Japanの紹介をまずはしていこうと思います。
。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  。。。。。  
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon