俺乃アメショ

アメショキャッテリー            ORENO日記
Top
<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 01月 30日 |
日本は豊かになったのだろうか~って何を言い出すかと~
久々に本屋の趣味のコーナーに行ってみたらベット関連の雑誌が増えていた。ベット別対決ではわんちゃんが断然優性だ。ねこは、犬のように管理されていないので公式飼育数では犬より少ないが、《もう、分かってしまうよね》飼い主が誰だか分からない野良ねこ、外ねこ、地域ねこの数を加えると実はもっともっと多い。大体1.2~3倍ってとこでしょうか。元々犬は種類がめちゃめちゃ多い上、最近では小型犬のみならず中型犬でも室内飼いが珍しくないので猫は陣地を侵食されているのではないかとも思う。005.gif009.gif

ねこは・・・MIXファンが根強いのだ。
ねこは、人によくなつくが、人のいうことを聞かない。本当は聞いているが一筋縄ではない。《Chinちゃんは、呼ばれるととりあえず座りなおすが直ぐには動かない・・気づいたら側にいる。あ、おじちゃんの》
ねこ好きは、そんな猫の特性を愛する人が多いから、MIXねこも、外ねこも同じなのだと許容してしまう。
ねこの雑誌はMIXが中心、海岸の堤防で昼寝をしているねこ、路地に置かれた自転車の上に座っているねこが雑多な人の暮らしの中に写っている。

ペットフード工業会調べの2006年度の市場規模推移をみると2400億円になっているが、フードだけで見た場合どういう考える数字なんだろう。路地にいるねこ達にも誰かが餌を与えているかもしれないけれど、この猫達の餌は確実に確保されているわけではない。
巨大ペット産業の中で、『ねこ』は実は未知数―――ねこに鈴を付けたくてしょうがないだろうが一筋縄ではいかない。

ペット環境は先進国のバロメーターのように言われていたが、今は・・・?
ねこに鈴を付けられるのか。

f0043859_717166.jpg

ねこは気高いのだ


昨日テレビを見ていたら、この程常用漢字の見直しが50ウン年ぶりに行われると言うことでした。猫は常用漢字ではなかったので、今回晴れて猫と表示されることになりましたとさ。ということで今日は従来の『ねこ』でお届けしました。
にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 29日 |
実は―――ここが入り口。

f0043859_012380.jpg

「ちみちみ、おしり」
 ―――はっ?! 
 




050.gif

f0043859_027159.jpg


にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 27日 |
相変わらず寒い日が続いていますが、北の部屋のふとんの世界に入り込んだまま出てこない方がいらっしゃいます。

あっちの世界は時間が止まってるんだよ。  気持ちいい場所なんだけどね。
少しは引っ張り出して、一緒にストレッチでもしないと―――「そのうちお互い足に来るよ」とか言ってね。

f0043859_21522131.jpg
少ーし、めくってみると、 はぁーやっぱ Σd(ゝд・*)ネッ

f0043859_2153950.jpg

あのぉ~ はなちょうちん・・・

f0043859_2153364.jpg

017.gifChii~n-ちゃん~~

f0043859_21535015.jpg

063.gif お茶が入りましたぁ・・・んじゃ無かったおぢちゃんが・・・


あ~明日は月曜日、私もふとんの世界から戻りたくないぞぉー・・・と
にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 27日 |
いつも、一緒にテレビ見てんだよね。

f0043859_223291.jpg

最近はNHKが面白い―――べったり


f0043859_22322355.jpg

ほらChinちゃん、こっちこっち
どれどれ・・・ゴロゴロ(^▽^;)

f0043859_22323564.jpg

おばちゃん、そのおもちゃ早くおくれ


ちょっとだけお利口さんになった振りしたChinちゃんだけど、おもちゃの誘惑には弱いのです
にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 25日 |
我が家の重要な場所。

で~~んとあるペットケージ、別名ねこ専用マンションのアクセサリー。

ねこちゃんのお部屋の扉は、3つに分けて付けている。通常出入りする扉、子猫が産まれた時には母ねこだけが休憩に出てこれるようにした上段の扉、トイレの掃除をササッとするために用意した扉(使ってない)
ところが扉の開けた時の弾みでコポッと合板の壁に小指の先ほどの穴が開いてしまった。ちょっとしたぼろ隠しにおじちゃんがコインを貼っていたのだが、そこに執着してついに剥がしてしまったやつがいた。―――ダレだったかなぁ。武蔵君だったかな。

今は・・・我が家のマンションの壁をかめが懸命に這い上がろうとしている。

f0043859_033420.jpg

最初はこれ↑――1ドルコイン

f0043859_034749.jpg

一生懸命這ってます

f0043859_041153.jpg

かめ君


にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 24日 |
《通勤途中の独り言》

高井戸駅。

私はこの駅から環八(環状八号線)の車の流れを見るのが好きだ。
まっすぐ走る大きな道の街路樹が見せる季節の移り変わり、特に冬枯れの街路樹は本当に寒々しく感じて、初めてこの街に移ってきた頃の感傷的な記憶とクロスしてしてわすれられないからだとおもう。うーん、センチメンタルだ! 

ショーキャットのブリーダーをしていて良かったと思ったのはこんな頃だったかしら。
無理に時間を割いてでも土日にキャットショーに参加することで東京というところに慣れていった。

クレイジーその1:越してきた日の週末には家の片付けそこそこにキャットショーに参加
シンジラレナイその2:既に決めていたことではあったが、越してきた年にASCJのファーストキャットショーを主催した

そんな時、我が家の車はいつでも環八を通ったので気づいたら気になる場所になっていた。―――桜もきれい

f0043859_2355230.jpg

光の具合がもうひとつですか


にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 23日 |
この子はすくすく育つという言葉がぴったりする。
どうも、ヘンリーの子猫は大きいらしい――可愛くない大きさだけど、仕草はまだ幼い。

アメリカンショートヘアーは中型から大型の猫―――5ヶ月と2週で、既に4.3キロ

アメリカンショートヘアーのスタンダードはブリティッシュショートヘアーの対極にある。
スタンダードでは丸いという記述は耳の先、尻尾の先だけ――耳の大きさ、尻尾の長さ、胴の長さも中位となっていて、直線が多いのが逆に特徴とも言える。
目の形は上まぶたがアーモンド形で、下まぶたが大きくラウンドしている。《丸くない》

ショーキャットの中には「エキストリーム」と呼ぶ猫がいるが、日本語の直訳の「行き過ぎ」とは少し違う。
あくまでもスタンダードの枠の中で、少しだけ特徴的でスイートな顔立ちを好む愛好家の微妙な言い回しだ。


さすがに最近では「丸顔のアメショが良い」等と言う人は少なくなってきただろうか。

f0043859_22513484.jpg

おじちゃんが飲んだビールの空き缶からちょっとこぼれたのよ、マイキー


にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック


※文中5ヶ月を6ヶ月に誤っていましたので修正しております。07,01,23 07:00
[PR]
2008年 01月 21日 |
2匹子なので、のんびりしています。
離乳は早い方ではないですが、最近ようやく生肉を食べるようになりました。

遊びはおませな遊びをします。
大きなボアのボールを抱えてけりけり遊びや、かくれんぼ。

f0043859_21434336.jpg

駆け上り 038.gif

f0043859_21425385.jpg

滑り込み 004.gif

f0043859_21433264.jpg

「こっち向いて!」

f0043859_21435554.jpg

ちょっと、こびこび 「これお茶」


HanaBの子猫たちはちょっとおっとり、でも元気に育っているから まっいっかにほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
by orenoart | 2008-01-21 23:12 | 仔猫 |
2008年 01月 20日 |
外は寒いね。

でも、陽射しがあるから部屋の中は暖かいよ。

朝から向こうの部屋で二人でじゃれ合ってます。

f0043859_223247100.jpg

「よちよちぃ」 「♪~~おじちゃん、お腹かいてくれませんか?」

f0043859_22301392.jpg

「ガラス越しの陽射しは気持ち良かろぉ」  「・・・はいよっ!」

f0043859_22331086.jpg

「 反対側・・・」  「よっしょ、こっちも陽に当てとくか。」

f0043859_22334424.jpg

「あー疲れた。おじちゃん、ボク寝るから・・・」


にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
2008年 01月 19日 |
20年来のアメショ友達が初めてキャットショーを主催したので訪れてみた。《陣中見舞いとでも言うか?・・・》
f0043859_23495958.jpg

キャットショーと言えば、アメショ好きと言えども殆ど縁のない人が大半の世界。まして、主催するとなるとほぼ経験者は皆無で―――マニアックな世界《でしょうね。》

ただの猫好きさんが、ある時ペットショップか何かで『血統書付きの猫』を手に入れるわけ―――で、初めて手にした血統書と目の前にいる猫を一生懸命眺めているうちにこの猫の血統って?と思うけど血統書の味方が分からないとか、自分がお金を出して買ったこの子の価値って?と思うけど自分が満足してんだからそれで《いいじゃん》、でも高い猫と自分の猫の違いって何なんだろう・・・とか考えているうちにショーキャットブリーダーとかキャットショーの存在をしるようになる。
自分の可愛い子猫に関することなら何でも吸収したくなる。興味半分でキャットショーに出かける。
そういう自分も
「あんなに沢山いるアメショの中でよく違いがわかるもんだね」
「自分ちのぴーちゃんをこの中に混ぜたら分からなくなりそう」―――そう思いながらキャラメル舐めて自宅に帰ったところから始まった。

美しいアメショが見てみたかった。
自分の美意識と他人の美意識は一緒なのか、キャットショーでの評価はそういうものかもしれないと思い深みにはまって、気がついたら25年以上経っていた。

f0043859_23474415.jpg

2000年から2004年までキャットショー主催を経験したが、これはめずらしい経験だ。大型ショーの草分け《んじゃぁ、今はどうかと》だったようで、現在でも私達が主催した2001年のキャットショーの時の宿泊者数を超えたことは無いんだとか・・・《ふぅ~ん、そうなんだ・・確かに大きなショーだったけど》私は本当はイベントを主催するのは嫌いではないのかもしれない。各方面に気を使い一つのイベントとして成功させることの満足感を得ることが出来る。
彼女もそんな気分を味わっただろうか?
f0043859_126121.jpg

今年――マイキーをアメリカのJohn(J0-NI Cattery)に渡そうと思っている。
f0043859_23475999.jpg


マイキーを応援してクリックしてねにほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon