俺乃アメショ

アメショキャッテリー            ORENO日記
Top
マイキーの旅路
2008年 03月 07日 |
マイキーが無事ケンタッキーのJohnの家に到着しました。
シカゴの天候が非常に悪かったらしく、6時間で着くはずのところを用心のため到着時間の10時間前に家を出たJohn
オヘア空港で無事マイキーとご対面してその足で連れて帰ったとの事で、到着したマイキーは今まで迎えたどの猫より落ち着いていてコンディションが良かったと喜んで電話をくれました。


いつもは膝の上にキャリーを抱え、時々頭をなでたりしながらドライブするのですが、今回のキャリーは空輸用の大きなものだったのでその朝は後部座席にマイキーを置いて出発したのでました。、途中で鳴くんじゃないかという心配をよそに、キャリーの中でおとなしくしているので半分驚きながら1時間半かけて成田空港に到着まで行きました
少しでも空輸中の環境になれるために、出発の日までの2週間を、マイキーは自分が運ばれるキャリーにクッションを入れた中で寝ていたのが良かったのかもしれません。
マイキーはとても学習能力の高い猫で、初めて経験する時はビクついていても、それが難なく済めば、2度目の態度は全く違いました。
こういう猫は、逆をさせるのはとてもまずい事になりますので、初めての経験をさせる時は慎重にしなければなりません。ただ、もっとも大事な部分、人とのコミュニケーションと信頼については幼児期に既に身についているので大丈夫。

検疫を済ますと、いつも寝ていたベッドの下に防寒用の新聞紙を厚めに敷き、キッチンペーパーとティッシュの量を半々にして裂いたものをたっぷりクッションになるくらい敷き詰めた中に埋もれての旅立ちでした。
お別れの時は、何故かクッションとティッシュの下にもぐりこんで呼んでも顔を出してくれなかったのでそのまま「さよなら」

無事、Johnの手に届くことを祈っていましたが、「めちゃめちゃ元気だよ!」と興奮した電話を貰ったと、おじちゃんから私の携帯に電話があった時は、思わず心の中で「マイキー!マイキー!」と小躍りするほど喜んでしまいました。
着いたら直ぐにトイレをして、エサももう食べたというので更に一安心です。
子猫を譲渡したり、受取ったりしたことのある方なら心当たりがあると思うのですが、一晩くらいは環境の変化に慣れないため、排尿も食事も取らないなんて事はよくあることなのです。

今は姪っ子のオーガストと一緒の部屋で遊んでいるんだそうです。

今日でマイキーはちょど8ヶ月になりました。

f0043859_22433682.jpg


※2008/3/7 7:21一部加筆修正しました。
ブログランキングに参加しています。励みになるのでよろしかったら応援クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
<< ひとりごと PageTop 心配しなくていんだぁ~よぉ♪ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon