俺乃アメショ

アメショキャッテリー            ORENO日記
Top
寒い朝に浮んだこと・ジルとミト
2008年 01月 17日 |
今朝の冷え込みと言ったら、いったい何度あったんだろうと思うほど空気が冷たかった。

どんよりとした、雲の切れ間から射す太陽の光りが電車から見る遠くの木立に注がれて、葉が金色にきらきらと輝いている。
木々に電球を巻き付けたイルミネーションの電気の消し忘れかと、目を凝らして見つめてしまった。とうとう雪が降ったらしいが、寒い冬の陽の光はうれしい。

猫も人間も、樹木も、お日様の下で生きている。
猫は夜行性なので、人間程は日光を必要とはしないという話を聞いたことがあるが、本当のところは、肉食なので必要なビタミン類は肉などの良質なたんぱく質を同時に接種することによって、体内で光合成を促すことが出来るということなので、ただ日向ぼっこしててもダメなのよぉーってことらしい。

ともあれ、ひなたぼっこが大好きだ。

f0043859_1204074.jpg

写真はジルとミト


この記事、合格だったらクリックしてねにほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック


※記事編集は1月17日
[PR]
<< ファーストキャットショー/マイキー PageTop 3周年/子猫の成長 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon