俺乃アメショ

アメショキャッテリー            ORENO日記
Top
まだまだ大丈夫、ブラバド君
2007年 04月 14日 |
ブラバド君、昔から抱っこは、赤ちゃん抱っこです。

手をかけ、肩越しに部屋の中を見回しています。

ぶーちゃんは、アメリカンショートヘアーとしては大きい方ではありません。
体のバランスが良く、胴がちょうど良い長さなので、キャットショーに出ていた頃の体重は5㌔位でしたが、最近は、「そうね~」もしかしたら3㌔程度かもしれません。
お年だから仕方が無いのですが、内臓は至って丈夫で、今でも我が家で一番のお肉好きです。
f0043859_22444018.jpg

f0043859_22443197.jpg


何故か(意図的にお肉を減らした訳ではないのに)最近我が家のお猫さま達はあまり生肉を食べなくなりました。
もちろん、生肉無しで十分育つわけですし、かえって生肉だけを食べ続けるよりも栄養のバランスは取れるわけですからどちらかを選ぶとしたら完全に計算されたドライフードの方が良いと思います。

猫缶は強いフレーバーがあるので、食欲増進にと、混ぜることもありましたがカロリーが低いので与えるのを止めました。

鳥のささみをあげていたこともありますが、やはりダイエット食なので止めました。

人に聞いたり、自分で調べたり、アメリカのトップブリーダーの飼育方法を真似てみたり、ブラバド君がキャットショーに行っている間にいろいろなことを学びました。

今になって、飼い始めの頃に考えていた猫の偏食や、神経質さは猫そのものの気質や個体差だと思い込んでいた事が、実は飼い主の接し方で変わることころが沢山合ったことに気づかされます。

ブラバド君が元気なうちは好きなお肉を食べ続けてもらおうと思います。

しかし最近はちょっと認知症ぎみかなぁ。
[PR]
<< uraura♪ PageTop ごきげんようSara/Milk >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon