俺乃アメショ

アメショキャッテリー            ORENO日記
Top
トラックに乗せてもらう
2010年 02月 02日 |
今週末は、くるみちゃん

お話があった当初はたまたま友人が遊びに来る予定があったものだから、帰りに一緒に連れて行ってもらう予定だった。 

新しいお家へ
f0043859_230482.jpg

ところが予定が変わり、1か月延びてしまったので、くるみちゃんをどうやってNewPapaのもとへ届けようかと考えてトラック輸送を使うことにした。
10年前まで福岡に住んでいたORENO家
どれだけ、優秀な猫がいようとも、福岡からねこを・・・という人は本当に少なかった。
トップブリーダーが地方にいるはずがないという先入観もあるのだろう。今のようにインターネットが普及する前は、本当に調べつくした一握り・・・にも満たない人がたまに連絡をしてきた。
子猫を引き渡すのも、受け取るのも空輸は避けられない。
そんな経験から、わが家では空輸はあたりまえだったけど、トラック輸送は私たちが福岡から東京に越してきた時に羽田空港から新居までの陸送をお願いして以来のこと。
友人に聞いてみると、1匹だとドライバーの足元に置いて運んでくれることもあるようなので安心なんだそうだ。
だが、念のため寒さ対策を万全にしておこうと思っている。


運送会社の営業所は24時間体制なので、夜間に預けて早朝に引き取りが出来る。    パパは早朝に迎えに来てくれるって♪
f0043859_2351510.jpgf0043859_2352956.jpg


東京に住むようになってからは、ほとんどの場合、手渡しが可能になった。
東京の人口は全国の10分の1を超えているのだから地の利の優位性は格別だ。
直接お会いできない方とのコミュニケーションはとても大切で、とても難しいと思うけど、可愛がってくれる気持ちは変わらない。そういう気持ちがお互いに通じたら良い関係が出来たら、家族がひとつ増えるのだし、と思って見送ることにしている。

にほんブログ村 猫ブログ アメショーランキングをクリック

[PR]
<< Bubuの記録【どっちがどっち】 PageTop やっと積雪 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon